フッ素樹脂コーティングの会社選びガイド

技術で産業を支える!
フッ素樹脂コーティング加工メーカー特集

製品の性能を向上させるだけではなく、耐熱性や耐摩耗性、耐薬性といった耐性を付与するフッ素樹脂コーティング。様々な産業や用途で活躍する加工技術です。
このような加工をお願いするパートナーを選ぶには、付与したい耐性に合わせた樹脂選定や塗布方法を適切に提案できる業者かを見極めることが重要です。そこでこのサイトでは、用途別におすすめの加工メーカーをご紹介します。

フッ素樹脂コーティング
加工会社おすすめ3社を見る

用途からパートナーを探す!
フッ素樹脂コーティング加工メーカー3選

様々な機器や部品などに加工を施すことで、耐性を付与できるフッ素樹脂コーティング。耐性を持たせるのは性能を向上させるだけではなく、安全性に直結することも理由のひとつです。
どんな耐性を持たせたいか、どんな仕上がりを求めているのかによって加工メーカーをしっかり検討するようにしましょう。ここでは、用途別におすすめのフッ素樹脂コーティング加工メーカーをご紹介します。

大量生産する自動車部品
コーティングなら
フロロコート名古屋
フロロコート名古屋公式キャプチャー

引用元:フロロコート名古屋
https://www.landingpage-synergy.com/Y3dpVfRU/

特徴
  • 部品をフッ素樹脂溶液に浸し、その後取り出して乾燥・焼成するディップコーティングに対応。大量生産に適しており、部品全体を一度にコーティング
  • 自動車の燃料、ガソリンタンク、カーエアコンなど、治具を使って自動車部品の一部をコーティングする事例も多数
おすすめ業界

自動車産業、医療機器、建築材料など

過酷な環境化学プラント
コーティングなら
吉⽥SKT
吉⽥SKT公式キャプチャー

引用元:吉田SKT
https://www.y-skt.co.jp/

特徴
  • 強酸や強アルカリが流れる化学プラントの配管、タンク、バルブなどにも耐えうる耐薬品性が向上する焼き付けコーティングに対応
  • 大型プラントの加工にも適応できるよう、自社設備内で深さ6mのタンクまで対応可
おすすめ業界

化学プラント、食品加工産業、電子機器など

品質を保ちたい薬品製造部品
コーティングなら
日本フッソ工業
日本フッソ工業公式キャプチャー

引用元:日本フッソ工業
https://www.nipponfusso.co.jp/

特徴
  • 摩擦が発生したり、滅菌のため加熱したり、化学薬品を使用したりする医薬品製造。日本フッソ工業なら耐薬品性や耐熱性、耐摩擦性に適したETFEでのコーティングが可能
  • 赤外線照射で分子構造を確認できるほか、マイクロスコープで被膜の断面観察にも対応
おすすめ業界

医薬品製造、インキ・塗料製造、接着剤製造など

用途別の
フッ素樹脂コーティング会社3選を
詳しく紹介

自動車製造、化学プラント、医薬品製造でおすすめのフッ素樹脂コーティング加工メーカーを3社ご紹介しました。さらに詳しく加工事例や技術力などについて見ていきましょう。

大量生産する自動車部品の
コーティングなら

株式会社フロロコート名古屋

フロロコート名古屋公式キャプチャー

引用元:フロロコート名古屋
https://www.landingpage-synergy.com/Y3dpVfRU/

株式会社フロロコート名古屋の特徴

株式会社フロロコート名古屋は1967年の創業以来、常にフッ素樹脂コーティングを中心に表面改質技術業界をリードしてきたパイオニア的な企業です。迅速な対応と提案力、技術力を強みとして優れたノウハウと実績を積み上げてきました。

特にフッ素樹脂の難付着性やすべり性、耐摩耗性といった特性が生かせる自動車業界に強く、その他、医療や半導体、宇宙・航空業界といった精密さが求められる業界や食品加工機械業界など幅広く対応しています。

フッ素樹脂コーティングメーカーの中でもトップクラスの評価機器・設備が整っており(※)、小さい(2~3ミリ)部品から大きい(幅1,300mm×長さ3,900mm×高さ1,050mm)まで幅広い部品の加工が可能です。

※ 公式サイトよりhttps://www.fluorocoat-nagoya.co.jp/technology.html 2021/7/3時点

部品の先端や一部分だけのコーティングや、治具やマスキング処理をしてからのコーティングなど、様々な要望に対応可能。長年のノウハウを活かして、数百個単位での加工もできます。

塗装ロボットや自社設計した連続塗装ラインも完備。多種多様な塗料と技術力で自動車部品などの量産はもちろん、特注品や試作品などにも対応しており、評価試験なども含め顧客の製品開発までサポートしています。

  1. 拠点

    愛知県⼀宮市(名古屋)

  2. 実績のある業界

    自動車、医療、半導体、食品加工機械(鉄板、窯など)、一般産業機械、化学、 ゴム、OA機器、製紙・印刷機械、繊維機械、建築、宇宙・航空

公式サイトに掲載している事例

メッキ液用ヒーターの稼働率が向上

自動車などのメッキ工程で使用するメッキ液を一定の温度に保つためのヒーターに塗布した事例。
熱交換器に付着した石のように硬いスラッジを、木槌を使って1日がかりで除去。そのために熱交換器の破損・変形が起こっていた。
フッ素樹脂コーティングを施したことで、清掃時間の短縮に成功。流水もしくは柔らかい布で拭くだけでスラッジを除去できるため、熱交換器の破損・変形も無くなりました。

参照元:フロロコート名古屋公式ページ(https://www.fluorocoat-nagoya.co.jp/service_case01.html

ガスケットのスムーズな開閉と耐磨耗性を実現

自動車ガソリンキャップのガスケット(ゴム材)に塗布した事例。
ガスシール性を維持しつつ、スムーズな開閉をサポートするすべり性の実現と、開閉動作による劣化防止のための耐磨耗性を実現するために、ゴムに追従するフッ素樹脂コーティングを施しています。
基材の変形を防ぐ治具の設計・製作や、自動塗装ロボットによる適切な塗装パターンの構築により、安定した品質と供給を実現しています。

参照元:フロロコート名古屋公式ページ(https://www.fluorocoat-nagoya.co.jp/service_case03.html

会社基本情報

株式会社フロロコート名古屋:

資本金 従業員数 設立年
7,200万円 57名 1967年7月

フロロコート名古屋の
公式サイトで詳細を確認

電話で問い合わせる

過酷な環境の化学プラントの
コーティングなら

株式会社吉田SKT

吉⽥SKT公式キャプチャー

引用元:吉田SKT
https://www.y-skt.co.jp/

株式会社吉田SKTの特徴

株式会社吉田SKTは業界歴の長い表面処理加工の専門会社です。1968年に米国デュポン社(現 ケマ―社)とライセンス契約し、現在では数百種類の表面処理に対応するまでになりました。

目的に応じてPTFE、FEP、PFA、高温型変成タイプ、低温型変成タイプなど最適な種類を選択し、化学プラントはもちろん半導体・電子、自動車産業、食品、医療、航空宇宙産業まで幅広い業界での実績があります。

コーティング処理においては量産品はもちろん、機械の一部品でも柔軟に対応。充実した自社設備を持つ生産拠点も全国にあり、精密部品から深さ6mのタンクまで加工可能。またコーティングの種類によっては現場施工もできます。

さらに非粘着性に特化したコーティングや有機無機複合コーティングなどオリジナルの表面処理も可能で、製造現場で実際に使用する前に性能測定をして比較検討も可能なので納得のコーティングを実現します。

  1. 拠点

    愛知県名古屋市、東京都荒川区、神奈川県横浜市、広島県広島市、山口県美祢市

  2. 実績のある業界

    化学工業/半導体・電子/自動車部品/医療/食品/一般工業/

公式サイトに掲載している事例

メッキ付着防止のため治具に塗布

電子メッキで使用する治具にメッキが付着。剥離や交換などメンテナンスコストがかかっていたため、フッ素樹脂コーティングで治具に絶縁性を付与。
コーティングを施したことでメッキの付着が大幅に減少。耐食性も向上したため腐食対策にもつながり、治具の寿命が向上しました。

参照元:吉田SKT公式ページ(https://www.y-skt.co.jp/archives/97

精米設備の米の残留を防ぎメンテナンスも減少

振動により自動的に次工程に搬送するお米の残留を防ぐため、ふっ素樹脂のみで滑らかで細かい凹凸を形成するコーティングを施したところ、お米とフィーダーが触れる面積が小さくなりメンテナンス作業も減りました。

参照元:吉田SKT公式ページ(https://www.y-skt.co.jp/archives/108

会社基本情報

資本金 従業員数 設立年
5,000万円 150名 1950年4月

吉田SKTの
公式サイトで詳細を確認

電話で問い合わせる

品質を保ちたい薬品製造部品の
コーティングなら

日本フッソ工業

日本フッソ工業公式キャプチャー

引用元:日本フッソ工業
https://www.nipponfusso.co.jp/

日本フッソ工業の特徴


日本フッソ工業は1964年の創業から表面処理技術を磨き続け、顧客の課題解決をサポートしてきた企業。医薬品製造や半導体・電子部品製造、液晶・有機ELパネル製造、電子材料、同姓ゴム・タイヤなど幅広い業界に対応できます。

大阪府堺市内の本社近くに「表面処理技術研究所」を設け、日々、新規技術や新製品の開発を進めており、顧客からの信頼につながっています。

国内だけでなくアジア市場にも進出し、アジア全体の発展に寄与しています。

また、自社で季刊情報誌を発行しており、フッ素コーティングやライニングの情報発信にも努めています。

  1. 拠点

    大阪府堺市、東京都江戸川区、埼玉県春日部市、タイ、韓国

  2. 実績のある業界

    医薬/半導体・電子部品製造/液晶・有機ELパネル製造/電子材料/合成ゴム・タイヤ/化学/インキ・塗料/粘着剤製造/フィルム製造・コンバーティング

公式サイトに掲載している事例

公式サイトに詳細な事例が掲載されていませんでした。

会社基本情報

資本金 従業員数 設立年
3,500万円 115名 1966年11月

日本フッソ工業の
公式サイトで詳細を確認

電話で問い合わせる

フッ素樹脂コーティング会社
カタログ

全国の表面処理加工会社をリサーチ。その中でも高度な技術力でフッ素樹脂コーティングを中心に、優れた実績を上げている会社を一覧にまとめました。拠点が近いなど利用しやすさも含め依頼先を決める参考にしてください。

株式会社フロロコート名古屋

【実績ある業界】
自動車、医療、半導体関連、食品業界宇宙・航空

拠点
愛知県一宮市、埼玉県川越市、岡山県岡山市、新潟県長岡市

日本フッソ工業株式会社

【実績ある業界】
半導体・電子部品、医薬製造、合成ゴム・タイヤ、化学業、インキ・塗料、造粘着剤製造、フィルム製造

拠点
大阪府堺市、東京都江戸川区、埼玉県春日部市

株式会社吉田SKT

【実績ある業界】
自動車部品、半導体・電子、化学工業、医療、食品

拠点
愛知県名古屋市、東京都荒川区、神奈川県横浜市、広島県広島市、山口県美祢市

関西ポリマー株式会社

【実績ある業界】
自動車、医療、食品、半導体、産業機械、住宅設備

拠点
大阪府貝塚市、埼玉県戸田市

株式会社淀川ACC

【実績ある業界】
自動車、医療、食品、半導体、産業機械、住宅設備

拠点
愛知県一宮市、神奈川県厚木市

株式会社ナカヤマ工業

【実績ある業界】
精密部品、自動車部品、電子部品、食品関連機器

拠点
愛知県江南市、愛知県小牧市

日建塗装工業株式会社

【実績ある業界】
一般産業機械、化学、半導体、食品、医療、自動車、ゴム、医薬、OA機器、製紙・印刷、繊維、建築

拠点
東京都荒川区、埼玉県春日部市、栃木県小山市

株式会社シャイン工芸

【実績ある業界】
家庭用品、工業部品、化学工業、食品工業

拠点
奈良県北葛城郡

東海ライニング工業株式会社

【実績ある業界】
軽金属加工、家庭電器、ガス機器、製パン業界全般、食品機械、工業品製造加工、ゴム製品製造、金型製作所

拠点
岐阜県安八郡、静岡県御前崎市、群馬県太田市

太陽フロロ株式会社

【実績ある業界】
自動車、半導体、食品(工場)、倉庫、薬品・化学

拠点
神奈川県綾瀬市

株式会社関西技研

【実績ある業界】
食品工業、化学工業、繊維、製紙工業、家庭用品

拠点
奈良県北葛城郡

株式会社サンフロロ

【実績ある業界】
食品、環境関連機器、家電、製造(各種金型)

拠点
埼玉県川口市

日本エムティ株式会社

【実績ある業界】
自動車(各種部品)半導体

拠点
愛知県春日井市

株式会社竹中製作所

【実績ある業界】
各種部品製造(自動車部品、建築部品、航空機器部品、上下水道用部品)、建築、石油化学プラント

拠点
大阪府東大阪市、東京都中央区、兵庫県神戸市

株式会社東海サンブラー

【実績ある業界】
金型製造、半導体、食品製造

拠点
愛知県小牧市

株式会社仲田コーティング

【実績ある業界】
自動車、電気・機械、建築・土木、医療機器、食品加工

拠点
神奈川県横浜市、東京都町田市、京都府八幡市

株式会社ネオテック

【実績ある業界】
自動車、医療機器

拠点
神奈川県足柄上郡

株式会社YMMフードサービス

【実績ある業界】
家庭用品、工業製品

拠点
大阪府堺市

オキテック株式会社

【実績ある業界】
自動車、精密機器、水道

拠点
三重県名張市

東洋ドライルーブ株式会社

【実績ある業界】
自動車機器、電気・電子機器、光学機器、航空・防衛関連機器

拠点
東京都世田谷区、神奈川県愛甲郡、群馬県太田市、愛知県春日井市

グローバルコーティング株式会社

【実績ある業界】
自動車、電気部品・機器

拠点
東京都千代田区、埼玉県上尾市

株式会社沢平

【実績ある業界】
自動車、医療機器

拠点
茨城県日立市

有限会社シンアイ産業

【実績ある業界】
食品、医薬、半導体、化学工業

拠点
愛知県江南市

株式会社エフシー

【実績ある業界】
食品、半導体、各種工業製品

拠点
大阪府柏原市

日熱工業株式会社

【実績ある業界】
食品、工業製品

拠点
大阪府羽曳野市

株式会社野村鍍金

【実績ある業界】
鉄鋼、半導体、航空・宇宙産業

拠点
大阪府羽曳野市

フッ素樹脂コーティング会社
事例集

公開されているフッ素樹脂コーティングの実際の加工事例を集めました。どのような用途があるかだけでなく、現場が抱える問題をそれを解決するためにフッ素樹脂コーティングがどう活用されたのかを要求特性を含め紹介しています。

フッ素樹脂の特性を理解できても、それを有効化できるかどうかは表面処理/コーティング会社の技術力や提案力に懸かっています。解決事例をチェックしながら自社のコーティング検討材料として役立てていただけたら幸いです。

イメージ

[PR]業者選定で気をつけたいこと&
様々な表面処理技術の違いについて比較解説

フッ素樹脂コーティングの日本のパイオニアであるフロロコート名古屋様(日本シリコーングループ)の監修のもと、表面処理業者を選定・相談する際に気を付けたいことや、フッ素樹脂コーティングとはじめとした様々な表面処理技術の違いを比較解説しています。
表面処理・コーティングの相談先選びの参考にしてください。

フッ素樹脂コーティングとは?

フッ素樹脂コーティングに使われる「フッ素樹脂」とは、フッ素と炭素が結合した「フッ化炭化水素」の略称です。単にフッ素を素材に配合している製品(フッ素配合歯磨き粉など)とは異なり、分子中でフッ素が結合していることがフッ素樹脂の特徴です。

フッ素樹脂には、非粘着性や撥水性、すべり性などの様々な特性がありますが、これらの特性を活かすために開発された技術がフッ素樹脂コーティング。工業製品はもとより、家庭用フライパンの内面やアイロンのかけ面、炊飯器の内釜など、日常的にもあらゆるシーンでフッ素樹脂コーティングを目にしています。

なお、実用化されているフッ素樹脂には非常に多くの種類がありますが、それらのフッ素樹脂の中でも特に非粘着性や耐熱性などに優れているとして米国ケマーズ社(旧デュポン社)が商標登録したものが「テフロン™」。「テフロン加工」などの名前でよく知られていますが、この「テフロン加工」は、フッ素樹脂コーティングの一種であることを理解してきましょう。

各種フッ素樹脂には、得意分野と不得意分野があります。フッ素樹脂コーティングを検討する際には、実績の豊富な専門業者にしっかりとニーズを伝え、ニーズに適合した最適なフッ素樹脂をセレクトしてもらう必要があるでしょう。

テフロンコーティングとは

テフロンコーティングとは、1930年に米国デュポン社が開発したフッ素樹脂(PTEF)を使ったコーティングのこと。一般に「テフロン加工」などと呼ばれ、フライパンや鍋など、私たちの日常でもよくテフロンコーティングが施された製品を目にすることでしょう。非粘着性や撥水性、排熱性などが高いという特徴から、テフロンコーティングは、フライパンなどの日用品の他にも様々な製品に活用されています。

テフロンコーティングの特徴や種類などについて、以下のページで詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

フッ素樹脂コーティングの特徴

すべり性

非常に低い摩耗係数を持つため滑りやすい性質があります。この摩擦係数が低くなることで「ビビり」という現象が起きなくなります。

難付着性

固着しにくい(こびり付かない)性質があり、こびり付いたとしても容易に取り除くことができます。これを難付着性・非粘着性とよびます。

耐熱性

フッ素樹脂は暑さと寒さの両方に強く、種類によって違いはあるものの使用温度範囲は-240度から260度と広いのが特徴です。温度的に過酷な環境でも機能が落ちません。

耐薬品性、耐蝕性

酸やアルカリなどの多くの藥品に侵されない性質を持っています。塗膜が薄いと小さな穴で機能が落ちることもあるため基材を守るに膜厚を厚くすることがあります。

撥⽔性、撥油性

固着しにくい性質は液体に対しても同じでコーティング膜は水や油を弾き、汚れにくくなります。汚れやすい環境下にある工業製品などは掃除がしやすく省力化・効率化できます。

電気特性

フッ素樹脂は電気特性として優れた絶縁性を持っており、温度や周波数に影響を受けにくく誘電率が低いのが特徴です。そのため電子機器関連部品などに広く利用されています。

耐摩耗性

フッ素樹脂は摩耗からものを守る素材として知られています。セラミックなどの他の耐摩耗樹脂と組み合わせるとさらに皮膜強度を向上させることが可能です。

フッ素樹脂コーティングの用途

横にスクロールできます

用途 耐食性 撥水性 耐薬品性 清掃容易 耐熱性 非粘着 電気特性 潤滑性
食品用機器 × × × × × ×
化学プラント × × × × ×
潤滑関係 × × × × × ×
OA機器 × × × × × ×
絶縁関連 × × × × ×
    • 食品用機器

食品加工向上の炊飯器にフッ素樹脂コーティングを施すことがあります。ご飯の付着を防ぐことで、炊飯器の洗浄工数の削減、ひいては人件費などのコスト削減などにつなげることが目的です。

    • 化学プラント

化学プラントにおいて、金属製の配管タンクや薬液に接する機器などにフッ素樹脂コーティングを施すことがあります。耐食性、撥水性、耐薬品性を高めることが目的です。

    • 潤滑関係

重機パーツの表面塗装に使用する機械類にフッ素樹脂コーディングを施すことがあります。機械類への塗料のこびりつきを防止すること、こびりつきを除去する手間を軽減させることが目的です。

    • OA機器

レーザービームプリンタの定着ロール、加圧ロール、軸受け・紙送りコロ、剥離爪などにフッ素樹脂コーティングを施すことがあります。パーツの耐熱性や非粘着性を高めることが目的です。

    • 絶縁関連

電子部品製造の電気メッキ工程で使用する治具に、フッ素樹脂コーティングを施すことがあります。治具の耐食性、非粘着性、離型性、電気特性などを高めることが目的です。

フッ素樹脂コーティングの
加工工程

フッ素樹脂コーティングの一般的な加工工程は次の通りです。

    • 1.事前点検

フッ素樹脂コーティングを施す基材の点検を行い、コーティングに不都合がある箇所の有無を確認します。不都合がある場合、該当箇所の修正が必要となる場合があります。

    • 2.脱脂処理

「空焼き」により、焼成温度よりも高い温度で基材を加熱して油脂や汚れを除去します。「空焼き」が適さない基材の場合、溶剤で洗浄して油脂や汚れを除去します。

    • 3.下地処理

モランダム、グリッドの砥粒と空気によりコーティング面をブラストし、サビや汚れを除去。あわせて、3~6ミクロンほどに粗面化します。ブラストを行えない基材については、それぞれの特性に適した下地処理を行います。

    • 4.塗装

基材とフッ素樹脂との密着度を高めるため、プライマー塗装を行います。

    • 5.焼成

炉でプライマーの焼付を行います。

    • 6.塗装

塗装機、または手動により、フッ素樹脂のエナメルをスプレー塗装します。次いで、静電、または特殊な塗装機によりフッ素樹脂のパウダーを塗装します。

    • 7.焼成

フッ素樹脂を塗装した基材を加熱し、一時的に樹脂を溶解させることで塗膜化します。フッ素樹脂の焼成炉には、400℃以上の加熱能力が必要です。なお、加工可能な基材の大きさは、焼成炉に収まるサイズまでとなります。

    • 8.塗装と焼成の繰り返し

「塗装」と「焼成」を繰り返し、基材が希望の状態になるまで塗膜に厚みを付けていきます。

    • 9.完成検査

フッ素樹脂コーティングが終了後、仕様通りに加工が出来ているかどうかを検査します。検査結果の判定は検査要領書に従います。

フッ素樹脂コーティング会社の
選び⽅のポイント

事業所・工場拠点が自社と近い

最適な表面処理方法を探るために試行錯誤が必要なケースもあります。拠点が近ければ、相談しやすく現地確認もできるほか、受託加工から製品の搬送まで多くのメリットがあります。

QCDの改善意識が強い(自動車業界の実績があるなど)

QCDとはQuality(品質)、 Cost(コスト)、Delivery(納期)のこと。自動車業界ではこのQCD改善を半年に1度など定期的に厳しく要求されます。自動車業界の実績のある会社はコストや品質などが一定水準以上であると想定できます。

多種多様なフッ素樹脂コーティングを扱っている

多くの種類をあつかっていれば用途に合わせた最適なフッ素樹脂コーティングを提案してもらえる可能性が高いといえます。フライパンで有名なテフロン™は海外のフッ素樹脂コーティングの一つ。この他にも、国内にはAGC(旭硝子)、ダイキンの他、多くの企業がフッ素樹脂コーティングを開発しており、様々な商品用途にあわせた多種多様なフッ素樹脂コーティングが日々開発されています。

フッ素樹脂コーティングの
基礎知識

適用範囲が広いフッ素樹脂コーティングですが、最大の効果を得るためにはその性質について正しく理解しておくことが重要です。そこでここではフッ素樹脂の特性やそれを生かす利用方法など知っておくべき基礎知識をまとめました。

すべり性

摩擦係数が低く滑りやすいフッ素樹脂コーティングの特性を生かせる利用方法について解説。どのような業界に向いているかなども含め、実際の活用事例もチェックできます。

難付着性

こびり付きを防ぐ非粘着性や難付着性は代表的なフッ素樹脂コーティングの特性の一つ。ものが付着しにくくなるメカニズムや問題解決した活用事例なども紹介しています。

耐熱性

暑さ、寒さに強いフッ素樹脂は過酷な温度環境の中でも耐える力があります。そうした特性を生かす利用方法や他の特性と組み合わせるプラスの効果などについて解説しています。

耐薬品性、耐蝕性

薬品に侵されることがない特性を持つフッ素樹脂は工業用製品のコーティングに広く用いられています。どのような業界に向くのか実例も紹介しながら性能を解説しています。

撥⽔性、撥油性

ほとんどの物質が固着しないフッ素樹脂は撥水性や撥油性にも優れます。なぜそのような性質が生まれるのか、その詳しいメカニズムと有効な利用方法について紹介しています。

電気特性

誘電率が低く電気抵抗率が高いフッ素樹脂はコーティングにより優れた絶縁性を発揮します。そうしたフッ素樹脂の電気特性データや具体的な用途・実例などを紹介します。

耐摩耗性

耐摩耗性を上げるための方法として採用されるフッ素樹脂コーティング。すべり性や非粘着性など他の特性も合わせて有効性を高める利用方法や活用事例について解説しています。

テフロン™コーティングとは?

焦げ付きや、こびり付きを防ぐことでよく知られるテフロンコーティングについて紹介。そもそもテフロン™とは何なのか、フッ素樹脂コーティングとの違いも含め解説しています。

フッ素コート、
フッ素加⼯とは?

フッ素樹脂コーティングと似たような用語にフッ素コートやフッ素加工があります。各々の違いやフッ素樹脂コーティングの位置づけなど疑問点解消のため情報を整理しました。

フッ素樹脂
コーティング
のデメリット

フッ素樹脂塗料を使用したコーティングは、さまざまなメリットがある一方で価格が高い、ひび割れの恐れがあるなどのデメリットもあります。この記事では、ほかの塗料との違いやデメリットについて解説しています。

フッ素樹脂
コーティングの
検査方法とは?

フッ素樹脂コーティングの検査方法は主に外観検査、膜厚測定検査、ピンホール検査を行います。この記事では、それぞれの検査工程に関するポイントを解説していきます。

セラミック
コーティング
とは

セラミックコーティングとは、自動車や外壁塗装などのさまざまな表面処理に利用される技術の一つです。優れた耐久性や光沢性が魅力です。この記事では特徴やフッ素樹脂コーティングとの違いを解説していきます。

フッ素樹脂
コーティングの
難燃性について

フッ素樹脂コーティングはさまざまな特性を持つ中で、難燃性を活かしさまざまな産業界で使用されています。この記事ではフッ素樹脂コーティングの難燃性と利用方法について解説していきます。

フッ素樹脂
コーティングの
UVカット機能とは?

さまざまな特性を持つフッ素樹脂コーティングは、UVカット機能も兼ね備えています。紫外線による色あせや劣化を防ぎ、経済的な効果も期待できます。この記事ではフッ素樹脂コーティングのUVカット機能について解説していきます。

導電性のある
フッ素樹脂
コーティングとは?

従来のフッ素樹脂コーティングに導電性を付与したコーティングもあります。静電気の発生を抑え、はりつきや火災などのトラブルを未然に防ぐことができ、多くのプラントに導入されています。この記事では、導電性のあるフッ素樹脂コーティングについて解説していきます。

フッ素樹脂
コーティングの
プライマーとは?

フッ素樹脂コーティングを使用するうえで重要なのがプライマーです。プライマーは、ほかのものと固着しにくい性質があるため、プライマーによって密着性を高める必要があります。この記事では、プライマーについて紹介します。

光触媒を用いた
フッ素樹脂
コーティングとは?

光触媒は、有害物質の除去、空気清浄化、汚れの洗浄などさまざまな特性を持っています。また、太陽光や蛍光灯に触れるだけで効果を発揮するうえに、特別大きなデメリットがないのも特徴です。この記事では、光触媒について解説します。

フッ素樹脂
コーティングの
PVFとは

PVFは耐候性に優れており、実際に太陽電池やエクステリアなど屋外で使用するもののコーティングとして使用されがちです。成形が難しく、他のフッ素樹脂に比べてマイナーだと感じられるかもしれませんが、PVFならではの特性もあります。ここではPVFの性能について紹介します。

フッ素樹脂と
フッ素ゴム
の違いとは

フッ素を使った材料には、フッ素樹脂とフッ素ゴムがあります。どちらも多用途に使われる素材ですが、どのような違いがあるのでしょうか。ここではフッ素樹脂とフッ素ゴムの違いについて紹介します。

フッ素樹脂
コーティングの
剥離とは

フッ素樹脂コーティングは金属などの素材に撥水性や耐薬品性を与える目的がありますが、基材の腐食や傷、皮膜の厚さが適切ではない場合に剥離を起こしやすくなります。

フッ素樹脂の
形態とは

フッ素樹脂には、ディスパージョン、粒状、粉体と3つの形態が存在します。それぞれ粘度や広がりやすさなどの特徴があり、適した活用方法が異なります。3つの形態をおさえて、フッ素樹脂コーティングに最適な形態を選ぶ必要があります。

フッ素樹脂
コーティング
における
ブリスターとは

フッ素樹脂のコーティングでは、樹脂の分子に水分子が浸透することで「ブリスター」と呼ばれる現象が発生します。作業現場の除湿や乾燥工程の見直しが対策として有効です。

フッ素樹脂
コーティング
のエナメル塗装とは

金属やプラスチックなどの塗装には、フッ素樹脂のもつ耐候性に硬度をもたせるため、エナメルをブレンドした塗料が使われることがあります。滑らかな仕上がりで、健康被害を抑えながら美しい塗装面に仕上がります。

フッ素樹脂
アクリル樹脂
の違いとは

フッ素樹脂は耐候性や絶縁性、高い耐久性を兼ね備えた素材です。アクリル樹脂はフッ素樹脂よりも安価で扱いやすい反面劣化のスピードが早く、定期的な塗り直しが必要です。

フッ素樹脂の
接着性とは

フッ素樹脂の特徴のひとつである非接着性。表面エネルギーが低いため接着せず、たとえば水滴が付着しても水を弾いてしまいます。非接着性は、使い方ひとつでメリットにもなりますが、別の素材と接着させたい場合、非接着性は大きな課題になります。昨今では、接着性を高める加工技術開発が進んでおり、さまざまなソリューションがあります。